お問い合わせ

インバウンドブログ

ロングテールキーワードがインバウンドマーケティング戦略とSEO対策になぜ重要か?

2014年10月8日

Inbound_Marketing_and_long_tail_keyword.png

 以前のブログ記事でインバウンドマーケティング視点のSEO対策の重要性についてご紹介しました。検索エンジンが検索者の検索の意図を把握し始めており(Google検索エンジンのアルゴリズムの改訂であるハミングバード)、検索者に対してより詳細な情報を与えることが重要視されるということをご説明させていただきました。

 今後のSEO対策(繰り返しになりますが検索エンジンに対してのSEO対策よりも、検索者に対してのSEO対策をすることが本来のSEO対策です)では、ターゲットオーディエンスであるペルソナがより詳細な情報を探しやすいように検索ワードを設定することが重要になってくる傾向へ徐々にシフトしていっているということです。そのより詳細なキーワードのことを”ロングテールキーワード”と言い、インバウンドマーケティングではペルソナが検索するであろうロングテールキーワードを意識してSEO対策を行っていきます。

 ロングテールキーワードは一般的なキーワードと異なり、検索ボリュームが少なくなるため必然的に想定される流入トラフィックも少なくなります。しかし、検索ワード自体が検索者が強く興味を持っているものに近いため”質の高い”トラフィックをサイトにつれてきてくれます。

 仮に、非常に競合性の高いキーワードを選択しSEO対策を行った場合、検索結果で目に付くランキングに表示されるまで数ヶ月、長ければ数年かかってしまいます。加えて、ビックキーワードを狙うと資金力が豊富な競合が検索連動型の広告を大量に出し、資金力比べとなってしまうような”体力勝負”になるケースが非常に多くあります。しかし、一般のインターネットユーザーのリテラシーの上昇とともに、検索者の検索の方法も徐々にシフトし探している情報にたどり着くためによりロングテールのキーワードをタイピングし始める傾向が強まってきてまいます。

 それ故、マーケターもロングテールキーワードに対して自身のキーワード戦略をシフトする必要がでてきており、インバウンドマーケティングを含めてこれからのキーワード戦略ではペルソナの検索するロングテールキーワードへ思考をシフトすることがこれからのSEO対策には必須になります。本日はそのロングテールキーワードの重要性についてお伝えします(キーワード戦略とは?についてはこちらのブログをどうぞ)。

ロングテールキーワード VS ビックワード

 SEO対策を考えるときに重要なことは、検索者の検索するキーワードとあなたの伝えたいこと(課題解決のヒントとなる情報)がどれだけ関連性を持っているかということです。そのため、あなたのターゲットとしているペルソナがどのような検索ワードを探しているか、そしてどれくらい実際の購買のステージまでの距離をもち、どのようなキーワードを用いるか考慮する必要があり、ペルソナのいる購買のステージと狙っているロングテールキーワードが初めてマッチすることで質の高いトラフィックをウェブサイトに生むことができます。

 例えば、あなたが野球製品を扱っているスポーツ用品店を経営しているとした場合、どちらのキーワードの方がより”質の高い”トラフィックを生むと思いますか?

"バット" VS "少年野球用の金属バット 価格"

 当然のことですが、”少年野球用の金属バット 価格”を検索している人がいたら、その検索者は少年野球用の金属バットの価格を探している可能性が高いです。逆に、”バット”と検索した人はひょっとすると、野球のバットの”画像”を探しているだけかもしれません。また、バットという意味には英語で”おしり”という意味もあり、幅広い”バット”に関連するエリアをカバーしていることになります。

 ”バット”のように一般的なキーワードの場合で検索結果の上位に表示される場合、流入するトラフィックの数は”少年野球用の金属バット”よりはるかに増えることが考えられます。しかし、上記の理由からあなたがビジネスをしたいと考えている見込み客や潜在顧客が検索者でない可能性も高まってしまいます(遥かに高まるといっても過言ではありません)。そういった理由から、強い関連性をもったロングテールキーワードを選ぶようにするとトラフィックの数は減る可能性が高まりますが、一方で”質の高い”トラフィックを生むことが可能になります。では、ロングテールキーワードを選ぶメリットは他にどういったものがあるのでしょうか。

ペルソナの検索するロングテールキーワードを選んだほうが良い3つの理由

1. 質の良いトラフィックを生み出し、高いコンバージョン率を期待できる

 ロングテールキーワードは非常に詳細なキーワードを含むため、あなたのWebサイトに到達したビジターはあなたのビジネスに関連が強い”質が高い”状態である可能性が高まります。先ほどの例の通り”少年野球用の金属バット 価格”の方が、”バット”経由で訪問してきた検索者よりあなたのビジネスに関連性をもったトラフィックを期待することができます。

 つまり、ロングテールキーワードに戦略をおき執筆したブログ記事への流入先にあるコンテンツは、検索者が求めた情報が掲載されたページである可能性が高まります。そのため、望む情報と高い関連性をもったページへきたビジターは見込客化だったり購買客化するなどのコンバージョン率も自然と高まるということです(だからと言ってヘッダーやフッターにキーワードを散りばめ、検索結果上位に実態のないページを上位表示させるような小手先のSEO対策は今すぐやめましょう)

2. ロングテールキーワードが検索の方法としてもっとも人気がある方法で、難易度の高いキーワード(ビックワード)へのランキングにも影響する

 SEOmozによると、検索トラフィックの70%はロングテールキーワードによるものだということが明らかになっています。何かを探したりするときにGoogleなどで検索することが一般的になってきたことにより、検索者達も検索の仕方に慣れを覚えてきています。そのため、一般的な検索キーワードを入力するのではなく、容易に望む情報源に到達できるようなロングテールキーワードに検索ワードとして無意識に選ぶ様にもなってきているとSEOmozではレポートしています。

インバウンドマーケティングでロングテールキーワードを選ぶ理由

(参照元:How To Do Keyword Research - The Begginers Guide to SEO - moz

 上記図の”サーチデマンドカーブ”を表しており、横軸は検索時に入力するキーワードの数で、縦軸は検索ボリュームです。また、塗りつぶされたエリアは検索トラフィックの総数をしてており、ここの表から言えることは、

  • トラフィックの70%がロングテールキーワードを用いた検索によって生まれている

  • ビックワード(Fat Head)は検索からうまれるトラフィックの”18.5”%を占めている

 当然ですが、ロングテールキーワードとビックワードでは検索ボリュームが異なるため単純にロングテールがすべてだ!と言うことはできません。しかし、ロングテールキーワードは質の高いトラフィックを生むだけでなく、関連性のある一般的なキーワード(”バット”)の検索結果に対しても影響を与えることができます。関連性のあるロングテールキーワードに(”少年野球用の金属バット”や”社会人野球用の規定のバット”、”マスターズ野球用のバット”)関連したブログ記事などを書くなどすることによって、コンテンツを増やし一般的なキーワード(つまり”バット”)への検索結果をあげることが可能なのです。  

3. ロングテールキーワードは競合性が低いので検索結果の上位表示を狙いやすい

 ”バット”の月間検索ボリュームよりも”少年野球用の金属バット”の方が検索数が少ないため、検索の競合性(検索結果で上位表示をされやすいか否かを示す指標)が低くなり、競合性が低いということは検索結果上位を狙いやすくなるということです。

 仮にあなたのビジネスが、一般的な2、3のビックキーワードからの流入に支えられているとして、そのキーワードで検索結果に表示されなくなったらどうでしょうか(現実に、日本でも某有名な企業様が検索エンジンのアルゴリズムの改訂とともに検索結果の上位から姿を消しました)。オンラインでの集客に頼っている場合、あなたのビジネスが吹き飛ぶ可能性は高いと考えられます。そういった状況から回復するのには数ヶ月、長ければ数年かかります。そうではなくて、あなたのターゲットオーディエンス(ペルソナ)が本当に検索するロングテールキーワードを、数多くカバーし検索者の必要としているコンテンツを数多く公開することは、そういった影響への予防線にもなります。

 また同時に、検索するターゲットが課題を解決するために検索したキーワードに関連する情報であなたのWebサイトを頻繁に目にすることがあったらどのように感じるでしょうか(ここが検索エンジンに対してだけSEO対策をするべきではなく、ペルソナに対してSEO対策を行うべき理由のひとつでもあります)。あなたのサイトをその分野の情報を専門的に教えてくれる(もちろんコンテンツに嘘があってはいけません)存在と信頼をしてくれる可能性があります。

 このような様々なメリットを述べると、やっぱりロングテールキーワードだ!と、頭が切り替わってしまいますが、最も重要なのは(繰り返しになりますが)あなたのビジネスのターゲットであるペルソナがあなたの製品サービスやWebサイトを見つけやすいように、”ペルソナに対して+検索エンジンに対して”のSEO対策をすることです。決して、検索エンジンのためだけのSEO対策のためにロングテールキーワードを設定するわけではありません。

 ペルソナを策定し、適切なロングテールキーワードを策定し、ペルソナのために有益なブログコンテンツを作ることによって、結果として”質の高い”トラフィックを集めることができる、ということです。

  今回は、簡単にキーワード戦略と簡単なSEOのお話、なぜロングテールキーワードが重要かを紹介させて頂きました。さらなる、詳細はインターネットマーケティングガイド vol.1 〜キーワード戦略・SEO編〜に記載されていますので、ご興味のある方はぜひご一読ください。

最新記事