お問い合わせ

インバウンドブログ

ランディングページ作りで陥る5つの失敗

2014年9月16日


インバウンドマーケティングを実践し始めて、ランディングページを作ったけれども、思うように成果が上がらないというのはよく聞く悩みです。ランディングページはオファーの説明と入力フォームがあるだけのシンプルなページに見えますが、深く考えずに作ってしまうとコンバージョン率に悪い影響を与える落とし穴がいくつも潜んでいます。

そうは言っても、どんなところでつまずきやすいのかを理解していれば、避けられる失敗もたくさんあります。簡単に修正できるミスのためにせっかくの来訪者を逃してしまうほどもったいないことはありません。今回は多くの人が直面するランディングページ作りの失敗とその解決策を見てみます。

1. 提供するオファーの価値が不明瞭

ランディングページは、オファーと引き換えに来訪者のプロフィール情報をもらうための場です。まず何よりも来訪者がプロフィール情報を提供してもよいと思うだけの魅力を持ったオファーが用意されていることが前提となっています。オファー自体に問題がある場合は、どうしてもコンバージョン率が低くなってしまいます。この場合、いくらランディングページを改善しても問題は解消されないので、ランディングページ作りの前に、魅力的なオファーを必ず用意しましょう。

続きを読む

ランディングページとは? ~リード獲得の専用ページを作る~

2014年9月2日

HubSpotインバウンドマーケティングを構成するSEO、ブログ、ソーシャルメディア、Call-to-Action(CTA)、ランディングページ、リード(見込み客)管理、Emailマーケティングや分析といったさまざまな施策をすべて実行、管理できます。今回はその中からランディングページにフォーカスして、その役割や構成要素を解説します。

検索やリスティング広告などを通じて自社サイトへの来訪者は以前より多く集められるようになったものの、リードや顧客が思うように増えないという経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。コンバージョン(見込み客化または顧客化)に影響を与える要因は一つではありませんが、大きな役割を果たしているのがランディングページです。

続きを読む

企業のマーケティングは自動化できるのか?マーケティングオートメーションとHubSpot

2014年7月9日

 以前のブログ記事でお伝えしましたが、HubSpotは米国の業界レポートにてNo.1のマーケティングオートメーション(Marketing Automation)に選ばれました。

   しかし、HubSpotはマーケティングオートメーションのツールではなく、ブログ機能、ウェブサイト構築機能、ランディングページ作成機能、マーケティングオートメーション機能、など様々なマーケティング施策を見込客目線にたち包括的に実行するための機能が盛り込まれているAll In Oneのマーケティングソフトウェアです。

続きを読む

既存の「見込み客育成施策」は大変じゃないですか?〜考え方を変え、質の良くない見込み客リストに付き合うのを止めましょう

2014年2月19日



 既存の見込み客リストの質が良くない、より質の高い新しい見込み客を獲得しなくてはいけない、というは課題は多くのマーケターに共通することだと思います(そしてとりわけB2Bマーケティングでは死活問題でしょう)。このことは、実際にインバウンドマーケティングを検討している企業様からよく伺うマーケティング課題でもあり、日に日にその課題は大きくなっているように感じます。

 本記事では、そのような課題を抱えるマーケティング担当の方向けに、どうしてインバウンドマーケティングで質の高い見込み客(リード)が獲得できるか、またインバウンドマーケティング施策においてどのようやり方で質の高い見込み客(リード)を獲得するかについてお伝えします。

続きを読む

最新記事