お問い合わせ

インバウンドブログ

インバウンドマーケティングのためのEメールの基礎知識

2014年9月25日

インバウンドマーケティングは大きく分けると、Attract(惹き付ける)、Convert(転換させる)、Close(顧客化する)、Delight(満足させる)の4つのステージがあります。そうち、リードを顧客化するCloseのステージ、つまりリードナーチャリングの要となるツールがEメールです。なぜ今Eメールなのか、そしてどのように使えば効果的なのか。今回はEメールが重視される背景、Eメール作成・運用のポイントなど、インバウンドマーケティングで適切なEメールマーケティング(マーケティングオートメーション)を活用する際に知っておくべき基礎知識を紹介します(マーケティングオートメーションに関する記事はこちら)。

続きを読む

あなたがマーケティングオートメーションに対して誤解していること、これから起こること、その理由

2014年9月4日

  以前ご紹介したブログで”企業のマーケティングは自動化できるのか?”という内容をご紹介しました。その中で、HubSpotの機能の一部であるマーケティングオートメーション(Marketing Automation)が、全米の業界レポートでNo.1ツールとして選ばれた事もご紹介しました。

 マーケティングオートメーションをうまく用いるとAmazon.comの様に高度にパーソナライズされたコンテンツを見込み客に提供できるようになります。つまり、セールスをクローズするために見込み客が必要とする情報を適時提供することが可能になり、結果として購買へと近づいていてもらうことが可能になります。
続きを読む

【HubSpotの導入事例】マーケティングオートメーション機能を活用したSEERhealth のCase Study

2014年8月29日

以前マーケティングオートメーションの基本について”企業のマーケティングは自動化できるのか?ーマーケティングオートメーションとHubSpot”という記事でご紹介致しました。本ブログ記事はHubSpotの顧客であるSEERhealthがHubSpotのマーケティングオートメーションを用いてどのようにマーケティング施策を成功させたか、というケーススタディの翻訳記事をご紹介致します。(以下翻訳記事です)


 

HubSpotのマーケティングオートメーションを導入した理由

  SEERhealthがインバウンドマーケティングを導入し始めた理由には、ヘルスケア産業のコミュニティで信頼とよい関係を築き、それらを高める事でした。そして、それらのゴールを達成するため彼らのターゲットオーディエンスである人達に対して適切で教育なコンテンツを制作する必要性に迫られており、同時にそのような努力をしてヘルスケアのコミュニティに対して貢献をしないと、潜在顧客や見込み客とも互いに有益な関係を築けないと理解していました(なぜ、コンテンツが必要かはこちらの記事をどうぞ)
続きを読む

既存の「見込み客育成施策」は大変じゃないですか?〜考え方を変え、質の良くない見込み客リストに付き合うのを止めましょう

2014年2月19日



 既存の見込み客リストの質が良くない、より質の高い新しい見込み客を獲得しなくてはいけない、というは課題は多くのマーケターに共通することだと思います(そしてとりわけB2Bマーケティングでは死活問題でしょう)。このことは、実際にインバウンドマーケティングを検討している企業様からよく伺うマーケティング課題でもあり、日に日にその課題は大きくなっているように感じます。

 本記事では、そのような課題を抱えるマーケティング担当の方向けに、どうしてインバウンドマーケティングで質の高い見込み客(リード)が獲得できるか、またインバウンドマーケティング施策においてどのようやり方で質の高い見込み客(リード)を獲得するかについてお伝えします。

続きを読む

最新記事