お問い合わせ

インバウンドブログ

HubSpotとMarketoの比較

2015年10月15日

268856384-origin-1444895547.jpg

   HubSpotMarketoを比較した記事をやっと書くことができました。もっと早く記事を公開すべきだったと感じていますが、なぜこんなにもHubSpotとMarketoについての情報が必要とされているのでしょうか。

   ではまず、HubSpotとMarketoについて簡単に説明します。どちらもアメリカの会社によって開発された、豊富な機能を備えた強力なマーケティングオートメーションソフトウェアです。HubSpotとMarketoを比較しようという人にとっては当たり前かもしれません。どちらもマーケティングオートメーションツールであることには違いはありません。たとえば、トヨタプリウス日産スカイラインGT-Rの違いがお分かりでしょうか。どちらも車であることは言うまでもありません。しかし、車はその特性や品質、用途が異なります。同じことがHubSpotとMarketoにも当てはまります。どちらもマーケティングソフトウェアですが、用途も機能も異なります。つまり何かを比較する時は、似たような用途や特性で比較する必要があります

   異なる用途/機能は別として、単に「ツール」として見ようとは思わないかも知れません。つまりHubSpotは、ただのツールとして使えるような単純なツールとして開発されたわけではなく、インバウンドマーケティング方法論に基づいて開発されたツールです。もちろんインバウンドマーケティング用の無料/有料のツールで利用できるものがあるかも知れませんが、いろいろなツールによるデータには一貫性がないでしょう。HubSpotは一体型のマーケティングオートメーションツールとして開発され、見込み客の獲得と育成をするためのツールが統合されています。HubSpotはとてもシンプルです。たった一つのツール(HubSpot)で様々な機能が使えます。すなわち、ブログ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、コールトゥアクション、ランディングページ、CRM分析、Eメール、キャンペーン、オンライン広告、レポーティングまで全てです。全てのツールの全てのデータを何ら面倒もなく一か所にまとめることができます。HubSpotは実質的に単なるマーケティングオートメーションソフトウェアではありません。CRMツールとSidekickツールとを組み合わせれば、強力な営業ツールが手に入ります。

  HubSpot                 Marketo
ToFu  
  • 高度な SEO 対策が可能
  • ページ最適化 提案 & レポーティング
  • キーワード & 競合他社の追跡 (過去の情報も)
  • ソーシャルメディアでの投稿、分析 & レポート機能
  • ブログのプラットフォーム
  •  CMS (HubSpot Custom Optimization Systemとして知られる)
  • トラフィック数のレポート機能 & ソース分析機能
  • SEOツール(アドオン)
Mofu
  • リードナーチャリングツール
  • Eメール&ページのレスポンシブデザイン(自動)
  • Call-to-Action(CTA)ボタン作成
  • A/B テスト
  • パーソナライゼーション&スマートコンテンツ
  • キャンペーン & コンテンツの複製
  • リードナーチャリングツール
  • A/Bテスト
  • パーソナライゼーション (アドオン)
  • コーディングおよび高度なHTML/CSS知識を使ってカスタムでレスポンシブ化させる
  • フルキャンペーン&アセットの複製
BoFu
  • CRMに組み込む
  • 販売促進ツール: サイドキック
  • マーケティング作業の自動化およびリードナーチャリング
  • エンゲージメントプログラム: リードナーチャリング機能に貢献
  • マーケティング作業の自動化

サポート評価

  • HubSpotのサポートチームが24時間対応
  • 商品を信頼する、素晴らしい文化と従業員
  • 15,000社以上のユーザー
  • G2 Crowdで顧客満足度第一位 
  • 指導および継続的な製品のトレーニングを提供(1週間で平均10の製品のトレーニングがある)
  • サポート制限あり。指定されたコンタクト先のみサポートが受けられる
  • 4,000社以上のユーザー 
  • G2 Crowdでは顧客満足度第4位
戦略
方法

  • オールインワンプラットフォーム
  • アドオンの必要なし。マーケティングに必要な全てがそろっている
  • インバウンド方法論:ソフトウェアのことだけではなく、マーケティングの方法についても含まれる
  • インバウンドマーケティングの方法論を手に入れる: 惹きつける、転換する、クローズする、顧客を満足させる
  • 簡単な使用方法: マーケターによって作られたマーケターに向けた製品
  • マルケトの基本パッケージはマーケティングオートメーションのみを提供し、アドオンで必要な機能を追加していく利用スタイル
  • コスト面から中小企業よりも大企業向けである
料金 3つの明確な価格設定

    • べーシック:26,000円/月

    • プロフェッショナル:104,000円/月

    • エンタープライズ:312,000円/月
  • 追加コンタクトおよび、アドオン追加時に発生
  • スパーク:107,400円/月〜

  • スタンダード:215,400円/月
  • 追加コンタクト、アドオン追加時に発生

https://jp.marketo.com/price.html


   HubSpotとMarketoどちらがあなたのマーケティング活動に最適でしょうか?2つのツールは機能が異なるので、優劣はなく、自社製品や目的に合わせて使用することをお勧めします。Marketoは見込み客の育成に重点を置く優れたオートメーションツールです。一方、HubSpotはマーケティング活動のために導入する単なるツールに留まりません。それは方法論であり文化なのです。インバウンドはマーケティングと営業の新しい手法です。実際、「HubSpotを導入しよう」ではなく「インバウンド方法論を導入しよう」というべきです。いわば革新的なことです。

マーケティングと営業のやり方、マーケティング部門と営業部門の連携に調整と変更が必要でしょう。そんなことは意味がないと考える人もいるかも知れません。しかし、消費者の購買プロセスが変化していることを理解する必要があります。インターネットの普及により、商品/サービスを購入する前に消費者はあらゆる情報を入手しています。もしこの新しい売り手/買い手の環境に適応できなければ、新しい販売方法に切り替えたライバルに追い越されチャンスを失うかも知れません。

HubSpotとMarketoの比較についてのオススメの記事(英語):
How Are HubSpot and Marketo Different? 

最新記事